ストックホルム通信員との遭遇

驚いた。帯屋町をのぼりを持ってビラ配布中、後ろから声がかかった。

「伴さんですか」

振り向くと長身の男性がにっこり。

「僕は共同通信のストックホルム通信員で高橋といいます」

「えー」

「30年、住んでいます、歴代のロンドン支局長にはお世話になっています」

「なんでここにいるの?」

「僕は高知出身で、現在休暇で帰国中なんですよ」

ちょっと待て!のビラを差し上げると 「親戚やらに声がけしておきます」

しばらく懇談し、高橋さんは奥様と人混みに消えていった。

政治活動をしていると、絶対に会わないだろう人との出会いがたくさんある。

0コメント

  • 1000 / 1000